しまった!?水没したiPhoneは復旧するのか!?

水没した時の応急処置とは?

iPhoneが水没したときにまずやらなければならないことは「電源をオフにする」ことです。電源が入ったままだとショートしてデータが消える恐れがあります。電源をオフにしたら、カバーやアクセサリーを外し、よく水気を拭き取ります。イヤホンジャックなどの細かい隙間や画面もよく拭く必要があります。そしてSIMカードを抜き取り、これも水気をよく拭き取ります。SIMカードを抜き取った後は、iPhoneを密閉された容器に乾燥剤とともに入れ、よく乾燥させます。ドライヤーを使って乾燥させるのは逆効果なのでやってはいけません。応急処置後はきちんと修理に出します。たとえ正常に作動したとしても、不具合が発生する可能性があるので修理に出した方がよさそうです。適切な応急処置を行えば、復旧する可能性が高まります。

修理に出せば復旧する?

応急処置後はなるべく早く修理に出しましょう。時間が経ってしまうと基盤の腐食が進む恐れがあり、復旧の可能性が低くなります。修理店では、基盤の復旧やスピーカー交換修理、ガラス交換修理などをしてもらいます。また、電源が入らない状態であったとしても、データが消えていない場合もあります。そのようなときも店でデータを取り出してもらうことができます。まずは焦らずに応急処置を行うことが大切です。適切な応急処置を施し、早めに修理店へ持っていけば復旧する可能性は高くなります。
水没によるiPhoneの故障を防ぎたいのであれば防水加工を施すことも効果的です。iPhoneをコーティングして、見た目を変えないまま防水加工を施すこともできます。修理店では防水加工に対応しているところがあるので、不安な人は相談してみるのもよさそうです。

iphone5sが不調ならば、早めに対策をとるべきです。iphone5sの修理を受け付けている業者に申し込む前に、必ず見積もりをお願いして料金を確かめましょう。