小学生でもわかるiPhoneの防水加工のメリットとデメリット

防水加工は安心だけれども保証外なので要注意!

iPhoneの修理業者で防水加工をしてくれるところは徐々に増えてきています。iPhoneの防水ケースは形がゴツめでしかも重いと言う点が難点ですよね。それに対してiPhoneの防水加工を済ませておけば、ケースも自由に選べますし、お風呂などで濡れてしまってもそれを気にせず使うことが出来ます。 ただ、iPhoneの防水加工はメリットばかりではありません。万が一防水加工をした状態で水没しても、必ずiPhoneを防水加工が守ってくれるわけではないので使えなくなってしまう可能性があります。特にあまり機械に関する知識が無い人の場合、防水加工をしたから大丈夫と言ってわざとにiPhoneを濡らす人も多いです。それはiPhoneの寿命を縮めてしまうだけなので、防水加工をしてもできるだけ水気のない場所で使用しましょう。

万が一水没してしまったら?

ちょっとしたミスでiPhoneを水没させてしまう人も多いです。
基本的にiPhoneの公式では水没させてしまった場合は修理の保証外となり、正規料金で本体を交換しなければいけません。非正規の修理ショップでは5000円程度から対応してくれますが、非正規店なので失敗した際の保証はありません。
それでは、水没させてしまった場合はどのような対応がベストなのでしょうか。
まず一番最初にやらなければいけないのが電源をOFFの状態にすることです。そうしないと水気でショートしてデータがすべて飛んでしまう確率が高くなります。そして、カバーなどといったアクセサリーをすべて外し、水分をふき取りましょう。
iPhoneのパーツで一番大切なのがSIMカードです。上記の行程が終わったらSIMカードを抜いて、乾燥剤とiPhoneを一緒に袋に入れて乾燥させましょう。

iphoneが起動しない原因の多くは内部データのフリーズです。アプリのインストール数が多いなど、起動時の負担が大きくなると不具合が生じやすくなるので注意します。