iPhoneのガラスを交換する方法と必要な金額

iPhoneのガラスが割れた?どうすればいい?

iPhoneの修理で一番多いのが、iPhoneのガラスの交換です。日常的に使用するiPhoneですから、うっかりと落としてしまい、ガラスを破損させることもあるでしょう。

そこで気になるのが、iPhoneのガラスが割れた場合の交換方法と、交換した場合にかかる金額です。主にiPhoneのガラスを交換する方法は二つあります。

まずは、メーカーやその他の修理業者にガラス交換を依頼する方法。そして、もう一つは、自ら修理キットを購入してiPhoneのガラスを交換する方法です。ここでは、iPhoneのガラス交換の方法と、それぞれの方法にかかる金額に関して解説していきます。

但し、注意しなければいけないことがあります。それは、iPhoneの修理をメーカー以外で行なった場合、それ以降、メーカーのサポートは受けられなくなります。そのようなリスクを確認した上で、iPhoneのガラス修理を行うことが必要です。

メーカーや業者に依頼する場合と自ら行う場合の金額の違い

まず、iPhoneのガラスを交換する際に、自らがメーカの保証に入っているかどうかを確認します。iPhoneには有料のメーカー保証がついており、新品のiPhone購入後、30日以内であれば、14800円を支払うことにより、2年間の製品保証が付与されます。

このプランに加入しておけば、期間中、最大2回まではiPhoneのガラス交換が3400円で行うことが可能です。しかし、もしメーカー保証に加入していない場合には、機種にもよりますが、概ね3万円から6万円といった高額な請求を覚悟する必要があります。

メーカー保証に加入していない場合、外部業者に依頼することもできます。外部業者の場合、概ね5000円から10000円の間で修理を行なっている業者が多いです。そして、通販で修理キットを購入して自分で交換する方法もあります。こちらは2000円代からキットを購入できます。

iphone6sのバッテリー 交換は初期化されない形で行われることが殆どですが、万が一データが消えてしまった場合のことを考えて事前にバックアップをとっておくことがおすすめです。